梅雨の晴れ間を待って野外講習(ドローンスクール)

 

こんにちは、ケイスケです。

 

毎日毎日、湿度が高くて嫌な時期ですね…。

 

ドローンにとっても雨が多いと待機が増えて困ります。(雨で潤う職種の方スイマセン)

 

三回雨天で延期になってたドローンスクールの野外講習がようやく出来ました!

 

ほんと申し訳ないと思いつつも、どうしようも出来ない(涙…。

 


体育館でのフライトとの違いに驚かれつつ、慎重かつ楽しく講習をする事ができました。

 

受講者の方は、何回も何回も「外で飛ばさんと意味無いぐらい違う」と言われていました。

 

モニターに映る画面を見ながら「普通は見れへん景色は凄い!」と。

 

室内でドローンのGPSを切っても風による影響はほとんどありません。しかし野外講習では、すこしの風でドローンが流されてしまいます。

 

その野外の風の影響でドローンが流されて行く事に怖がられて驚かれていました。

 

室内だけの講習では実践の10%ぐらいしか学べないと思っています。

 

実際ドローンを飛ばすのは90%は野外だと思います。

 


有難い事に、ネクスト スカイ ドローンスクールは農家の方々に場所を提供して頂いて、壮大な農地の上を実技講習で使わせて頂いてます。

 

ほんと何回も言いますが、室内でのドローンで基礎を学ぶ事も大切です。でも野外でドローンを飛ばす事はもっともっと大切だと思います!

 

ドローンインストラクターが横に居てドローンを飛ばす。それでも野外で飛ばすのには怖さがあります。

 

室内だけのドローンスクールの場合は野外で飛ばすのはぶっつけ本番になります。。

 

これって結構危険ですよね⁉︎

 

コーンの上を反復で色々な事が出来ても使える?…って思います。

 

室内で凄く上手でも野外ではどうでしょう?

10mすらドローンを上昇した経験が無くて100m上昇すると… どう考えても怖いですよね…。

 

バッテリーに関しても、室内で目の前で残量の警告音が鳴っても直ぐにもどれます。

 

野外で100m先で残量の警告が鳴るのと訳が違うと思います。これも野外講習で経験が無いとドローンスクールを卒業してから体験すると”どうしょう“と焦ってしまうと思います。

 

野外ではバッテリー残量もチェックしながらドローンを飛ばす事も体験してもらうので、この距離なので帰ってきましょう!と警告が鳴る前に安全に帰還出来るように教えます。

 

これはドローンを飛ばす上でも凄く大事な事で、ギリギリまで飛ばしてしまうと帰って来る前にバッテリーが無くなり着陸してしまいます。

 

事故に直結する可能性大です。。これは室内のみの講習では分かりません! しかし非常に大事です。

 

今回講習させて頂いた受講者の方も「野外の疲れは半端ない」と言われていました。

それだけ野外でドローンを飛ばすのは、色々と神経を尖らせる事が多い証拠です。

 

野外講習があるドローンスクールに♡いいね!と思われたらドシドシとお問い合わせ下さい。

 

農薬散布や卒業アルバム撮影など実務実績豊富なインストラクターが裏話を交えてレクチャーいたします。

 

 

 

 

 

大江 ケイスケ
  • この記事を書いた人

  • 大江 ケイスケ

  • 東近江市にあるnext SKYドローンのクリエイティブ、エンタメ担当。ドローンスクールのインストラクターも務める。ブログではドローン全般のことを書いていきます。「ドローンで人を元気にする」をモットーにドローン事業に取り組んでいます