ドローンのプロペラで指切断⁉️

 

こんにちは、ケイスケです。

 

今日はドローンは危険!って再認識させられたニュースです。

 


 

 

ちょっと、この事故の場面が想像出来ませんがプロペラで指を切断する!って事は起こりうる事故だと思います。。

 

点検中に三人もの方がケガをするとは…

 

離陸しないと三人もの方がケガする事はまず無いと思いますので、正常に飛ぶかの点検だったのでしょうか?

しかし、離陸して指を切断…危ないと分かっているから場面がホント浮かびませんが…離陸する時は必ず距離を取ると思うんですけど。。

 

よく僕達もドローンってオモチャ的な感じで思われて「ちょっと飛ばして!」と言われる事があります。

なぜか簡単に思われがちです。。

 

ほんとにプロペラ部分は非常に危ないです。ホビーのドローンでも子供のように柔らかい皮膚なら切れる事もあると思います。

 


このプロペラは、白がdji製Phantomのプロペラで黒がMavicのプロペラです。20㎝以上ある上に薄さが薄い。

 

これが高速で回るとなると刃物です!

 

このサイズのドローンになると、プロペラに擦れるだけで出血です。

今回の記事でドローンの種類は書いて無いので分かりませんが、このサイズのドローン以上なら指はスパッと落ちると思います。

 

ドローンスクールで学ばなくて、誰でも買える現状を真剣に国は考えて欲しいですね。

 

とは言え警察の方なのでシッカリと学ばれたと思うのですが…機械的な異常での事故では無いので、ドローンを飛ばしてる僕達はより一層取り扱いに注意しないとダメですね。

 

nextSKYドローンスクールでも、ドローンの危険性をより一層伝えていかないと駄目だと思いました。

 

少し前に、離陸前の点検が国土交通省から義務づけられたした。大事な事だと思います。しかし皮肉にも離陸前の点検での事故です…。

 

恥ずかしながら、僕も飛ばし初めの頃プロペラに指がすれてケガをした事があります。

ほんの少し触れただけで血だらけで”これアカン”と病院に直行しました。無知でした…。(ちゃんとドローンスクールは出ました)。。

 


この写真は農薬散布のドローンの上に撮影用のドローンが乗っています。撮影用のPhantomで指を縫いました。

 

見てのとおり、農薬散布用のdji製mg-1という機体のサイズの大きさ。プロペラも半分でPhantomの一枚分はあります。確実に指飛びますね…。

 

国は法整備に頑張ってもらってると思いますが、まずは基本的な買う段階での決まりを徹底して欲しいです。

 

何も学ばずに購入されてる方は少なからず事故は起きてると思います。

 

今回は警察という立場の方なのでニュースになったと思いますが、一般の方ではニュースになって無いと思います。

 

ドローンスクールで学んだ者だけが航空法対象のドローンが買えるようにと切に願います。

 

 

 

 

大江 ケイスケ
  • この記事を書いた人

  • 大江 ケイスケ

  • 東近江市にあるnext SKYドローンのクリエイティブ、エンタメ担当。ドローンスクールのインストラクターも務める。ブログではドローン全般のことを書いていきます。「ドローンで人を元気にする」をモットーにドローン事業に取り組んでいます