関西 滋賀県next SKY-drone-絶景スポット(夕日編)

 

こんにちは、ケイスケです。

 

今回の絶景スポットはスポットでは無いですが夕日です。夕日と言うより夕焼けの方が正しいかもしれませんが焼けて行って赤くなるのがとても綺麗です。

 

同じ場所にドローンを飛ばして10分ぐらいで赤焼けになっていくのをドローンで空撮してみました。

 

たまたま空を見てると、今日の夕日は綺麗やと思いドローンを空中で待機させて待っての撮影です。

 


段々と赤く焼けて来たのでドローンを飛ばして一枚めの写真です。地上からの見上げた夕焼けとは又違った感じの写真になります。

 

理想を言えば、奥の雲が手前の雲より小さいともっと奥行きが出て、いい感じの写真になったと思います。

少しずつ赤焼けして来ました。

ドローンを同じ場所でホバリングして待機しての二枚目な写真です。先程の写真から3分後ぐらいで同じ空が色付いて変わりますね。

 

空と雲と太陽って不思議ですね。

 

写真を撮り始めるまでは「夕日きれいや!」「ホンマやな」ぐらいのレベルで、そんなに興味が無かったのですが今では、ドローンを上げる場所を急いで探してしまっています(笑

 

自然現実だけは、朝に今日撮影しようと思っても上手く行く事が少いです。

 

本気で撮るには根気も必要ですね。

 


これがその日のMax真っ赤でした。the夕焼けになりました!二枚目の写真から4分後ぐらいです。

この後は暗くなっていったので、ドローン空撮は終了で着陸しました。

 

先程も書きましたが雲の形が気になりますが、ここまで赤く焼けたのでドローンを飛ばして良かったです。

 

同じ場所で、時間の流れで空の様変わりを写真で撮るのも楽しいですね。

 

クライアントからの依頼なら毎日張り付いてかまえますけど(笑、趣味の場合はタイミングが合うのが難しいですね。

 

国立天文台発表の日没時間以降ドローンを飛ばすのは夜間飛行になりますので申請が必要となりますので注意が必要です。

 

夜間申請をされてる方でも明るい間に障害物などのチェックは必ず行って下さい!

特に電線や木の枝などは、思ってるよりも見えなくなるので気をつけてチェックをしておいて下さい!

 

今回は時間と共に様変わりしていく夕日をドローンを飛ばして撮ってみました。

 

夕焼けを強調したかったので、地上をあまり明るくならないように設定して写真を撮りましたが、F値やシャッタースピードを変えると又違った写真になるので試してみて下さい。

 

dji製のドローンで撮影してますので、たくさん設定を変えられる機種と少しだけ変えられる機種がありますので、dji製のドローンをお使いの方は、アプリのカメラの設定から見て下さい。

 

(撮影機体dji phantom4 proV2.0)

 

 

 

 

大江 ケイスケ
  • この記事を書いた人

  • 大江 ケイスケ

  • 東近江市にあるnext SKYドローンのクリエイティブ、エンタメ担当。ドローンスクールのインストラクターも務める。ブログではドローン全般のことを書いていきます。「ドローンで人を元気にする」をモットーにドローン事業に取り組んでいます