11月もたくさんのドローンスクールを受講して頂き有難うございました!

 

こんにちは、ケイスケです。

11月もたくさんのドローンスクール受講ありがとうございまた!

そしてナゼか寒くなると女性の受講者が増える不思議。。女性の方が寒さに強いのですかね。有難うございました。

 

お問い合わせが多いので、今回はnext SKYのドローンスクールのカリキュラムについて書かせていただきます。

 

現在行っている3日間コースの時間とカリキュラムです。

 

◇1日目、座学(10:00〜15:30)

 

・無人航空機について

・ドローンの市場動向と運用事例

・法律、運用ルール

・飛行許可申請について

・改正航空法以外に遵守する法律

 

◇2日目、室内実技(10:00〜16:00)

 

基本的な操縦技量の習得

・離発着

・ホバリング

・左右方向の移動

・前後方向の移動

・水平面内での飛行

 

◇3日間、野外実技(10:00〜16:00)

 

業務を実施するために必要な操縦技量の習得

・2日目の復習(室内と野外の違いを感じて頂きます)

・対面飛行

・飛行の組合せ

・8の字飛行

・各受講者のドローン運用目的により実践な飛行

 


 

3日間とも昼休憩を1時間設けております。

座学は進み具合によりますが50分講習に10分の休憩です。

実技は受講者の疲れと意思を見て休憩をとらせて頂いてます。  ”やっと良い感じやのに休憩…”とならないように。

ドローンを飛ばすと予想以上に疲れると思います。受講者の方が”休憩!”と言われると5分〜10分の休憩をとっています。

インストラクターも受講者を見ながら休憩をとるようにしています。

集中力が切れてドローンを飛ばしても上達しない上に、事故の原因にもなりかねないので休憩をとってもらっています。


人数が多いと もう少し分からない とか もう少しでドローンを飛ばすコツが掴めるのに とかが起こりやすいです。

そのような疑問、不安を少しでも無くすために基本少人数でドローンスクールを行っていますので受講者の理解具合に応じて進めています。

 

実際、室内実技だけのドローンスクールはどのようにされてるのか。。

 

野外で飛ばした事が無いのにドローンを飛ばすのはほとんど野外だと思います。怖くて仕方ないと思うのですか…。大丈夫なんですかね。。

 

野外実技があって、実践的な講習を行っても受講者の方からはhelpの連絡が入る時があります。話して安心してドローンを飛ばす方や、出向いてレクチャーする時もあります。

 

たくさんの受講者の方とその後のドローンを一緒に飛ばしてると思います。

個人的にそれでコツなり安全性を感じてもらってより良いドローンフライトをして頂ければ幸いだと思っています!

 

受講後のアフターホローもインストラクターの仕事だと思っています。もちろん料金は発生しません(笑。

 

 

ケイスケ
  • この記事を書いた人

  • ケイスケ

  • 東近江市にあるnext SKYドローンのクリエイティブ、エンタメ担当。ドローンスクールのインストラクターも務める。ブログではドローン全般のことを書いていきます。「ドローンで人を元気にする」をモットーにドローン事業に取り組んでいます