最近、墜落をよく聞く…

 

こんにちは、ケイスケです。

 

最近、dji Phantomシリーズの墜落をよく聞くきがします。

 


 

趣味程度でドローンを飛ばしてる方ではphantomシリーズを持っている方は少ないと思いますが。

 

というと、そこそこのドローン熟練者か業務で使われるか。

 

そんな方が何故ドローンを落とす?素朴な疑問です。

 

慣れて無茶な飛ばし方をしてる?

フライト前のチェックを怠ってる?

バッテリーが無くなる?

 

色々な要因は考えられますが、普通にドローンを飛ばしていて墜落する事はほとんど無いと思います。

 

実際、僕の愛用機はphantom4 Pro v2.0です。3年以上愛用してますが事故はゼロです。

 

最近親しくしている仕事仲間のphantom4 Pro が墜落しました。普通にホバリングをしていて墜落したそうです。

話しをしてるうちにプロペラが割れる?と思いました。

 

Phantomのプロペラの形状は一体型のプラスチックです。それが夏の暑さや冬の寒さによっての劣化して、飛んでる途中で割れてる可能性が高いと思いました。

 

プロペラは見た感じ大丈夫なら使用し続けると思います。意外と盲点かもしれません。

 

普通に飛ばしていてドローンが墜落するとなるとモーターの異常?って思いがちですが、機体になにかの異常があるとアプリのモニター画面に警告がでます。

 

そのドローンを落とされた方も、操縦は上手ですしキャリアもあり無茶をする方ではありません。

 

となると、ドローンが飛んでいる時に劣化してるプロペラが回転の負荷でパリッと割れた可能性が一番考えられると思います。

 


 

この墜落はフライト前のチェックでも見つける事は難しいように感じます。

 

消耗品だと考えて定期的に交換するのが一番かと思います。

一年毎や保険の切り替え時期など自分で決めて交換してもらうのが一番良いかと思います。

 

この一年、何台か Phantomが落ちた話しを急に聞くようになり、猛暑の関係か分かりませんが、プラスチックの劣化には異常気象の影響は少なからずあるとかと思います。

 

ドローンが落ちるだけならいいですが(高いですが)誰かにぶつかるとか家に落ちるとか、非常に危険な事です。

 

マナーやモラルも非常に大事ですが、定期的に普段見れない所までのチェックするのも大事かと思います。

 

今回は見落としがちなプラスチックの劣化について話しましたが、ドローンが空から落ちてくる事を考えると非常に怖いです。

 

そういった事故を一件でも減らしていきたいので、日頃からの定期的チェックやドローン飛行前のチェックをしっかりして欲しいと思います。

 

安全で楽しいドローンライフであって欲しいです。

 

 

 

 

ケイスケ
  • この記事を書いた人

  • ケイスケ

  • 東近江市にあるnext SKYドローンのクリエイティブ、エンタメ担当。ドローンスクールのインストラクターも務める。ブログではドローン全般のことを書いていきます。「ドローンで人を元気にする」をモットーにドローン事業に取り組んでいます