季節労働というスタイル

〜自分で決めなきゃいけないから大変だね〜   “季節労働”て、ありますよね。季節ごとに違う仕事をするスタイルです。と、僕はそう思ってたんですが、どうやら本来は、いわゆる出稼ぎを意味するらしいです。   僕がスポーツ大学出身だからか、冬はスキー場で働きながらスキー三昧、あるいは夏は仕事を辞めてサーフィンに没頭する。そしてシーズンオフに働くというサイクルで一年を過ごしている

シーズンオフに入りました

〜経験を活かした新規事業〜   早いもので、もう10月になりました。10月といえば、自分の子供の頃を思い返すと、運動会があったり、写生の遠足があったりなんかして、秋晴れの空にウロコ雲。しかし、この頃は暑くて、秋というよりは、まだまだ残暑が続いているようです。   とはいいましても、米の収穫も終わって、農業サイドではオフシーズンです。大豆は、いまも青々と畑をおおっています

新米クラブでお米の収穫と保存作業〜複数の視点をもつ〜

2022年9月24日 カテゴリー:スマート農業,自動運転,農業,農薬散布

その日は、大豆の農薬散布で、一日が終わりじゃありませんでした。 大豆の農薬散布が終わったのが10時頃。それから、機体の掃除や片付けなどをして、新米クラブに向かいました。   大豆の散布についてはこちら   ところで、今年の夏、ネクストスカイは、めちゃくちゃ忙しかった。米の農薬散布と新規事業を、毎日がんばりました。この新規事業については、またここ

取材を受けました②〜先達の知識と経験を、次代に伝える土壌をつくる〜

2022年9月10日 カテゴリー:お知らせ,農薬散布

さてさて前回①からの続きです。   『取材を受けました①』はこちら   総合アウトドアスポーツブランド「モンベル」が主催する「SEA TO SUMMIT(シー トゥー サミット)」。全国12ヶ所で行われる中、ここ東近江市も会場のひとつになっています。   東近江市でのコースは、能登川水車とカヌーランドをスタートし、愛知川沿いを自転車で遡上、

能登川町の農薬散布を行いました〜はじめの一歩は「たかが」〜

2022年8月6日 カテゴリー:農薬散布

 こんにちは。夏ってこんなに暑かったでしたっけ? 日が暮れても気温が下がらないので暑さがいっそうこたえます。先日、能登川町の農薬散布を予定通りに完了しました。    この夏は7月29日から8月1日まで4日間(あと11日に残りが少しあるのですが)で垣見、阿弥陀堂、新宮東、躰光寺、川南、長勝寺、種、今、神郷、小川の10地区201.8ヘクタールでした。