滋賀県内・関西圏のドローンスクールガイド

ドローンスクールガイド

ドローンスクールの違い、
まとめてみました。

年々増えているドローンスクール。滋賀県内にも複数のドローンスクールがあり、ドローンのニーズを肌で感じることができます。ですがドローンスクールといっても金額も異なり、何が違うのかがいまいちわかりません。そこで今回はそれぞれのドローンスクールの違いをまとめてみました。


ドローンスクールを探す時の
ポイント

POINT!

屋外でも操縦できるか?
問い合わせがしっかり帰ってくるか?
アフターフォローがあるか?
講師陣の実績は?

ドローンスクールを探す際には、下記のポイントを抑えておきましょう。

  • カリキュラムの中に屋外での操縦練習環境が組み込まれている
  • 問い合わせの際の対応が丁寧かつ安心できる
  • 講師のコミュニケーション能力が高い(質問しやすそう)
  • 卒業後のアフターフォローがある

スクールは、あくまで最低限の基礎技術と法律、知っておくべきマナーやルールを学ぶ場所です。一方的に講師が話す内容を聞くだけでは、実用的な知識を身につけることは難しいもの。楽しく、かつ実用的な内容学べる環境を提供しているスクールがベストです。

あまり良くないケースの特徴

操縦練習の場が体育館など
屋内のみ

ドローンスクールに通う以上、卒業後は、屋外での操縦を予定されていることでしょう。しかし、スクールによっては、操縦練習の場が屋内のみに限られているケースもあります。

屋外では、風など外部からの影響を受けるものです。実際の操縦環境に近い場所で練習できるスクールを選びましょう。

問い合わせ時の対応が不親切

電話などで問い合わせを行った際の対応が不親切なケースや、ドローンについて理解していない人が答えているケースは、あまり良いスクールとは言えません。

初期対応が行き届いていないスクールの場合、受講後も「質問がしにくい」「講師とコミュニケーションが取りにくい」など、十分に学べない可能性があります。